スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも町は廻っている 4巻 石黒正数 ヤングキングアワーズ

案外伏線とか凝りまくってます「それでも町は廻っている」4巻 | フラン☆Skin

のんびりとしているようで案外凝りまくってるのでじっくり読むのもお勧めです。


それでも町は廻っている 4巻(コミックレビュー) 作 石黒正数 漫画ドランカーの小部屋/ウェブリブログ

この巻では針原が躍進を果たしたといえるのでは。タッツンと名勝負を繰り広げたり、親しみやすい顔と面倒がいい性格で歩鳥似ながら姉とは違って賢く将来性がありそうな弟と仲良くなったり。


それでも町は廻っている(4)/ 石黒正数 - 猫は勘定にいれません

今回だけでなくこのマンガにはいつも、大切な日常に対する想いが描かれていますよね。


い~かげん人間のダメダメだいあり~ ”それでも町は廻っている”4巻

キャラも巧いコト出来上がってきて、キャラの掛け合いも益々洗練され、歩鳥を中心に面白く回ってきてますね。


記事検索 : 石黒正数
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

ネムルバカ 全1巻 石黒正数 コミックRYU 徳間書店

「ネムルバカ」石黒正数(徳間書店) ポトチャリポラパ/コミック/2008年3月

石黒氏の資質といいますか作風といいますか、随所に「あそび」を感じられるのです。この場合の「あそび」というのは、自動車のハンドルの「あそび」って意味の「あそび」ね。


石黒正数『ネムルバカ』 - 枳棘庵漫画文庫

モラトリアム期間のまっただ中、これからどうなるんだかよく分からない自分の人生に向き合って立ち止まったり、迷走したりする大学生達の青春の一ページ。


やりたいことはあるか?同室の女子大生2人の青春漫画 - ネムルバカ - 真・業魔殿書庫

自分が心地良い循環の中にいることを認識し、「やりたいことのある人」と「やりたいことがない人」の話題が出たところが折り返し地点ですね。


ネムルバカ/石黒正数 - 猫は勘定にいれません

「それ町」的日常を愛する感情を「お前はそれでいいのか?」ってグラグラに揺さぶってくるマンガです。


ネムルバカ 全ての8割に属する人へ - BWSのダイアリー

小学生なら小学生、高校生なら高校生、大学生なら大学生と、恐らく大多数の人間が感じていたであろう等身大の悩みや情感を的確に抽出してくるって感があります。


『ネムルバカ』石黒正数: Lエルトセヴン7 第2ステージ

かの天才、竹易てあし先生が唯一残した作品集『おひっこし』を、00年代に量産され続ける青春マンガ群がどれひとつ越えられずにいるなか、もしや新たなマスター・ピースの誕生では、と思わせるのが、石黒正数の『ネムルバカ』である。


センパイとコウハイの青春のアトサキ「ネムルバカ」 | フラン☆Skin

作品が壊れない範囲で現実というものを描くだけでなく、
最後にそれに立ち向かうトコを描いているのがこの作品の魅力だと思います。


マンガソムリエ煉獄編 :: ネムルバカ

生々しさとか、痛々しさが、余韻が残る程度に、かといって後味が悪くならない程度に、ぶらりぶらりとコマが進んでいく。
で、考えてみたら、大学生活ってそういうもんだ。


マンガソムリエ煉獄編 :: ネムルバカについて
マンガがあればいーのだ。 「ネムルバカ」から感じる、キャンパス・ライフ・モラトリアム。

自分の中での様々な経験や感情のフィルタを通して見る世界は、確かに昔とは違うのだ。
そのフィルタを、この作品ではしっかりと大学生用に交換して描かれてる。


aya-note comic ~マンガレビューblog~ | 2割には入ったけど、そこからがな・・・ <感想> ネムルバカ 石黒正数

このマンガは、そういう読む側への問題提起を非常に多く含んでいるのだけれど(「やりたいこと」だけではなく)、それをコミカルな語り口で面白く読ませてしまうところが素晴らしいのだと思う。


濃霧-gNorm- ひょうたん書店 準公式サイト: 1巻目の「ネムルバカ/石黒正数」

夢だの目標だのと正面からやられると気恥ずかしいところがありますな。それでも著者特有の軽いテンポと適度なギャグとでかなり読みやすいですが。


マダオの戯言  「8割」に捧げる物語。 - ネムルバカ -

ぬるま湯に頭まで浸かったような、でも当人たちにはそれなりに切実だったりする<大学生>という不思議な時間を描いた作品です。


先輩と後輩の関係 石黒正数『ネムルバカ』 紙屋研究所

ぼくにとって、大学時代にこんな切迫感をもって夢を追うことを考えるなんて、とうていできなかったわけですよ。ゆえに、「大学生日常ストーリー」と裏表紙に銘打たれているものの、ぼくにはその点は今ひとつだったわけだ

だけど、それ以上にこの作品がよかったのは、先輩後輩関係の描写だろうと思った。



自分の安地を作っていないか?「ネムルバカ」にみる駄サイクルの恐怖。 - たまごまごごはん
記事検索 : 石黒正数

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。