スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女はループものの狂気を見るか? 片隅乙女ワンスモア 1巻


伊藤正臣作。コミックバース連載。
片隅乙女ワンスモア 立ち読みページ - YONDEMILL
試し読みの第一話から惹きつけられました。
かつて命を救った見知らぬ少年を想い続けていた浦島しじみ
うろ覚えの命の恩人への恩義を忘れずにいた亀田竜之介
少女の淡く不器用な一夏の恋は儚くも切なく散ります。
そこから急転直下、託される世界の(町だけど)命運、背負った宿命。
そして再び恋物語。
「成功するまで再ゲーム」の終わらない夏休み

いわゆるループものです。
ド定番の設定ですが、「そっちに行くのか!」と驚きました。
というのも、ループものは、その構造上おぞましいものとなりえるから。
「事実を一方だけ無にする」という行為は、重く残酷です。
第一話の、この儚くも美しい恋物語を、無かった事にしてしまうのかと。

時をかけるしじみにとって、ループする時間は蓄積されます。
龍之介と過ごした想い出も、積み重なっていきます
繰り返す度に彼を知り、想いは深まるでしょう。

ですが龍之介に積み重ねがあるわけなく。
少女との一夏は彼に想い出を与えるでしょうが、
時間を戻せばなかった事に
ループの度に出会うのは、初対面当然の一少女に過ぎず。

想いはしじみにだけ一方的に積み重なり、
片想いを更に偏重させます。
一方的に想いを重ねた結果、その愛情に狂気をはらむというのは、
ループものの定番でもあり。
「常に最善手が打てる」というのは、もはや全能であり、
普通の人間とはかけ離れてしまうからです。

今は、しじみの不器用で鈍感な性格のため、
そういう「おぞましさ」は現れていません。
四苦八苦する普通の恋する乙女。
ただ、3度目の夏、龍之介との出会いと自己紹介を
簡潔にこなせたことに喜ぶしじみに、
「ループものの狂気」をふと感じてしまうのでした。

物語は田舎の町を舞台にした、牧歌的でノスタルジックな物語です。
「ループものの狂気」なんて我ながら穿った見方というか、
少なくとも現状の、作品の主題とは離れた見方と思います

ですが、1巻の最後にちょっと、それを思わせる描写が。
玉手箱=町の滅びの鍵となる道具が、
海底に無数に放置され朽ち果てている不気味な風景。
そこには確かに、これまで何度も繰り返し、
そして消滅させられた時間・想い・存在があったんだ。
そしてそれは無くなってしまったんだと。
そんな、物語世界の仄暗さの一端を思わせたのでした



他サイト感想記事
雑食商店街3373番地:町の命運は、ひとつの恋に委ねられた。 『片隅乙女ワンスモア』1巻(伊藤正臣)

コンプレックスを抱えた地味少女がその殻を打ち破っていく、これは乙女の意地の物語。不思議に素敵な恋の物語なのです。

伊藤正臣『片隅乙女ワンスモア』|そのスピードで

いわゆる「タイムリープもの/ループもの」SFを軸にすえつつ、
「おとぎ話」のファンタジーで重層化し、「ご当地もの」の海岸風景で読者をひきこむ。
入念に練りあげたプロットだと、以上の要約でつたわったろうか。

スポンサーサイト

現実に立ち向かうファンタジー作品 はずんで!パパモッコ 3・4巻


朝日小学生新聞連載。山本ルンルン作。
続巻出ました。このまま連載分が全て単行本化されると良いなぁ。
今回も珠玉のエピソードが詰まっていました。

ピアノの発表会に挑む内気な少年ナイロン
発明家のモッコ博士の協力を得て特訓するものの、
あがり症を克服するには至らず。
そこで博士から渡されたのは「うんとリラックスできるキャンディー」
問題を一発で解決できる物ですが、当の博士は乗り気でなく。

できるだけ飲まないでくれたらうれしいモッコねえ

発表会に挑む他の子達は、発明品なしに臨んでいる子ばかり。
緊張しながらも挑もうとする級友の姿を見て、
自分も勇気を出そうと決意したナイロン。
発明品に頼らない演奏は、実力を出し切れないものとなりました。
それでも、つまづきながら進む姿は美しかったです。

Image0140.jpg

普段は彼にきつく当たる姉のジョーゼットが、
弱気に向き合い成長した姿を見て認めたように微笑むシーンはジンときます。

園芸部の少年リベットの悩みの種は、花の咲かない裏庭の木。
原因を探ろうと四苦八苦している彼のために、
博士の娘ニコが持ってきたのは、植物の気持ちがわかる発明品。
ところが彼はその申し出を断ります。

気持ちはうれしいけど
僕…発明品に頼りたくないんだ…

自分たちの力で原因を探って、花を咲かせたい。
そんな彼の願いが叶った時、発明品は木の声を届けるのでした。

Image0141.jpg

言葉が通じない相手の声を聞こうとしたリベット。
その気持ちが通じたからこその、「ありがとう」。

モッコ博士の不思議な発明品は、不可能を可能にしてくれます。
ですが、万能の特効薬とはなりません。
「夢を叶える発明品」が作品の基本にありながら、
「現実に立ち向かうこと」の尊さをテーマに描いています。

大事なのは、勇気だったり、努力だったり、思いやりだったり。
まるで、発明品のない僕らでも、
なんとかなると勇気づけてくれているかのような。

誠実さと優しさが詰まった物語です。


クレイジーワールド2nd ぬいぐるみパパの発明品で村は大騒ぎ はずんで!パパモッコ1・2巻
『はずんで!パパモッコ』第3巻・第4巻 山本ルンルン: Lエルトセヴン7 第2ステージ

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

このマンガがすごい!WEB 6月発売分のランキング発表&アンケート答えました

【ランキング オトコ編】夏だから青春時間旅行! 8月の「このマンガがすごい!」ランキング(6/1~6/30発売)  |  このマンガがすごい!WEB
ランクインした10作中2冊しか買ってないのは回答者の端くれとしてどうなのかしらと思ったりもします。

【ランキング オンナ編】 夏に”ほっこり”なんてぜいたくかも!? 8月の「このマンガがすごい!」ランキング(6/1~6/30発売)  |  このマンガがすごい!WEB
パパモッコランクインがとても嬉しいですね。はしゃいでるコメントが痛々しくてスマンってなりますね。

今回僕は、
・優しくてメルヘンな発明コメディはずんで! パパモッコ

・純情そうなあの子があんなことに!こんなことに!なはつじょーでいず

・夏合宿盛り上がるBE BLUES!~青になれ~
以上3作に投票しました。

ロジカルと情熱のあいだ そこをなんとか 9巻

メロディ連載。麻生みこと作。元キャバ嬢の弁護士奮闘劇。

元同僚の先輩弁護士、東海林弘明からの仕事の指名。
おめかしをする改世楽子に感じる女心。

Image0137.jpg

普段からしてるであろう身支度も、殊更強調されると、
「これから会う人を意識してるのかな」って印象になるわけで。

でもそこに恋心は、本人の中で自覚としては存在せず。
無意識の萌芽のような。
ノリはややチャラい彼女ですが、恋に浮かれる性分でなく。
あくまでも仕事相手であり、第一に優先するのは依頼者。
根底のプロ意識が垣間見えます。

そんな彼女が「いつもより目がパッチリ」と気付く、
東海林の現同僚で元恋人の中道志織
かつては仲がこじれながら、今では同志として近しい仲。
今でも意識していても、それを縮める行動には中々移れず。
想い人である以前に、仕事仲間。
楽子以上のプロ意識で毅然として接しており、
その関係性に尊さを感じさせながら
恋愛には障害になっているのかなとも。


今作の弁護士たちは、感情に動かされることはあろうとも、
それに溺れ浸る事はありません。
一方で依頼者たちは感情に揺れ惑います。
情熱だったり、愛情だったり、不信感だったり、
時に法から外れ、見放されることもあります。
その事情を慮り感情に向き合いながら、
法が彼らの拠り所になるようにロジカルに対処していきます。
その理路整然とした美しさに惹かれながらも、
一方でその中でふと見せる感情の機微が、
激情とはまた違った形で琴線を刺激しまして。


依頼人の利益のために東海林にも頼れず1人奔走し、
危ない橋に足元を救われた楽子を、
すんでの所で救ったのが東海林。

ドラマチックなトラブルでの吊り橋効果も相まってか。
普段子供扱いされている東海林からの、
「女子扱い」に心が揺れて

Image0138.jpg

しかしまぁ、チョれええ!!
普段ぞんざいに扱ってて、ちょっと女子扱いしただけで、これとか!
もう実質陥落済みの楽子さんなんですが、
普通のフォローでここまで感激するとか。
東海林先生はもうちょっと普段から彼女に愛情注いでやっても良いと思う。
女子扱いくらいいつでもしてあげて。
逆に普段どんだけ与えられてないんだっつー話ですわ。
「女子扱いしない」ってことは気心知れている証左でもあるかもですけれど。
先輩後輩の遠慮のない気楽な距離感。
それに慣れて心地よくても「女子扱い」はまた別格なのかなと。


しかし、今巻ラスト3ページだけ登場し、
いつものように楽子に粉をかけるもスルーされ、
挙句東海林ageのダシにされる、
楽子に片想いの同期の弁護士、赤星光貴
当て馬っぷりは光るものがありました。

東海林と同じ事言ってもなびかれることはなく、
楽子は「東海林の言葉を思い出し」心を揺らす
そしてそんな彼女を見て「脈あり」と勘違いする赤星。
残念ながら既にご臨終なのでありました

Image0139.jpg

効いてない、効いてないよ!
こんな残酷な単行本の終わり方があっていいのか。
どうでもいい男の前でも好きな男の夢を見ているわけですよ。
女は海ですよ。
今作で一番恋に頑張っているのが彼なのに…
現実は残酷。ヘタレツンデレに勝機はなく慈悲もない。


あと余談ですが。恋愛感情が複雑に絡みながら、
ロジカルな行動原理を取るメイン4人。
このバランスでこのまま行くのかなとも思いながら、
それまでの登場人物たちの対人関係が一気に崩れ、
そこから再構築をしエンディングに至るという流れが、
麻生みこと作品には度々起こります

そのダイナミズムが今作で怒ったら一体どうなるのか。
気の早い話ですが、今から期待と不安が入り混じります。
今作はどのような方向に進むのか。
麻生作品最長連載も見えてきて、
そろそろ結末が迫っているのかも、と考えたり。

今週の夕空のクライフイズムは太ももパラダイス

こんばんは、「雨宮雨の太もも大好き」ナデガタです。
いやぁ、今週のクライフイズム、読みました?え?読めよおい。
なんつーか、太ももフェスティバル、でしたね。
「練習試合」というターニングポイントを過ぎた後のお遊び回。
普段はサッカーに励む部員たちは、「雨ちゃんの太もも語り」に情熱を注ぎます。
力強さ、みずみずしさ、質感…身近に接する彼らから語られる事で、
紙の上に描かれた太ももに、更に濃い魂が注がれるのです。
必然的に画面を彩る雨ちゃんの太ももラッシュ。

Image0135.jpg

「むにっ」
そう、こんな定番の擬態語ですら、
最早「雨ちゃんの太ももを指す言葉なのだな」って、なります。

そんな野郎共を見た雨ちゃんのリアクションがこれまた可愛い。
デリカシーの無さを怒るでもなく、馬鹿な男子にちょっと呆れるみたいな。
でも、太ももが太いの、本人は気にしてるみたいで。

Image0136.jpg

こんな仕草が、やけに可愛い。

今週号はセンターカラーなのですが、その表紙絵の太ももがこれまた素晴らしく。
今月末に7巻が出ますが、このイラストも収録されるといいなぁ。
そうでない場合は今週のスピリッツは永久保存版ですわ。



テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。