スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このマンガがすごい!WEB で7月発売分のランキング発表&アンケート答えました

【9月の「このマンガがすごい!」ランキング オトコ編】 SFからファンタジーまで。秋の夜長に読みたいベスト10(7/1~7/31発売作品を集計)  |  このマンガがすごい!WEB
ハルロックのコメントが採用されました。ホントはボルグで紹介したかったんですが。
【9月の「このマンガがすごい!」ランキング オンナ編】読めば誰かに会いたくなる――そんなマンガのベスト10!(7/1~7/31発売作品を集計)  |  このマンガがすごい!WEB
既読が野崎くんのみなのはちょっとイカンなぁと。
その分知らない漫画を知れるどは高いので参考になります。

7月分は
  • 残酷無残陵辱劇 NTR²
  • 発明少女のトラブルコメディ ハルロック
  • 大長編な2部が終わり、新たな主人公そして帰ってきた日常劇 まじもじるるも 放課後の魔法中学生

の3作に投票しました。
なんか毎月1本成年漫画に票入れてますが別に縛ってるわけでもなく。
8月も多分1票入れるっぽい。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

戦略VS天才 傲慢VS天然 高飛車VS無垢 はねバド! 3巻


good!アフタヌーン連載、濱田浩輔作。

無垢で、幼稚で、危うくて、残酷で、圧倒的。
才能にあふれる少女、羽咲綾乃が主人公の高校女子バドミントン漫画。

3巻で初登場の綾乃の自称ライバル・芹が谷薫子が良いキャラしてました。
  • 洞察力と戦略で勝負するタイプ。
  • それを支える精神力と努力。
  • 派手な容姿、高飛車な態度、あふれる自信。
一方の綾乃は、才能ありきで、精神力が弱く、地味で、オドオドしています。
そんな対をなす存在で、両者が引き立つなぁと。

インターハイ個人予選で早くも対峙する2人。
早速トラッシュトークを仕掛ける薫子。
ハンカチを綾乃に渡してこの一言。

負けた後涙を拭くのに必要でしょ…?

薫子の高飛車さが端的に現れています。
それを受けて綾乃は意図せず煽り返すのでした。

大丈夫!薫子ちゃんをボコボコにする為に練習してきたから
ワックワクが止まらないよぉ

これ、意趣返しでも煽りでもなく素で言ってます。そこが綾乃の特異性。
「心配してくれてるんだ、でも私が勝つから大丈夫だよ」そう言わんばかり。
「勝つぞ」という自信というより「勝つものだ」という確信でしょうか。
この反応を見ると、薫子の高飛車な発言も
強敵に対し自身を奮い立たせるという意思を感じさせられます。

Image0142.jpg

対峙する2人の表情、特に「目」が対照的。
相手を敵意丸出しで睨みつける薫子。
綾乃への対抗意識もあるでしょうが、
「対戦相手がどう動くか」を研究し対策するのが彼女のプレイスタイルのため、
「隅々まで分析してやろう」という意思がそこに現れています
一方の綾乃。
前ページの「爛々とした表情」から、「感情を排した無の境地」に。
綾乃にとっても薫子は因縁のある相手なのですが、
試合に当たってそれを微塵も見せず。
心を読むかの如く行動を先取りし、
反射だけで相手を組み伏せるようなプレイスタイル。
そこにもはや意思は存在しないかのようです

この取っ付きにくい、感情移入しづらい天才少女を
主人公に据えるってのがスポーツ漫画としての今作の特異性です。
爽やか格闘少女をラスボスに据え、彼女の充実を許せない
歪んだ格闘少女が主人公の漫画「鉄風」と同じ雑誌なのが興味深いです。
「歪み」に対するアプローチに独自性を感じる雑誌です。

あと語る上で欠かせないのが、少女たちの肉感。
彼女たちは真面目にスポーツに打ち込んでいるんですが、
端々が非常にあざとくエロいんですよ。
柔らかく零れ落ちそうな胸、引き締まった脚、
いかがわしい構図、肉体を強調させる競技服…
物語に「挿入する」のではなく「溶けこませる」、このサービスカットのすばらしさ。
週刊少年ジャンプで「パジャマな彼女。」を連載していた
作者のポテンシャルがここで活きています。

Image0143.jpg

こういうちょっとした1コマ。他県のライバル校なのですが、
「片方だけハイレグ」という狂ったデザインのユニフォーム、
あざとエロくて大正義ですわ。

最後に3巻で一番好きなシーン。
綾乃を指導する立花健太郎に惚れていた薫子。
試合直前に、この後のデートの約束にこぎつけるも、
色に浮かれてしていて大丈夫かと指摘されます。
そこで薫子はこう返すのです。

Image0144.jpg

「スイッチを入れる」っていうベタなシーンですが、
バドミントンにかける情熱と少女らしい純情が入り混じり、
どちらも妥協せず追い求める貪欲な意思、
そんな薫子が魅力的でした。

はねバド!/濱田浩輔 1stラリー「幼馴染みの羽咲綾乃です」 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ試し読み
マンガとかラノベ等の感想ブログ 他校のライバルも登場し、インターハイ予選開始!!「はねバド!」 3巻 感想

この鋭角な切り込みはなんだろうか。水泳選手かと思ったわ。バドミントンは脚を大きく開いてシャトルを拾うことがよくあるというのに、ずれたら大事件だぞ。

大事件、起こるといいですね!
綾乃の過去とインターハイ「はねバド!」3巻 | フラン☆Skin
はねバド! 3巻 - KONの徒然日記 - Yahoo!ブログ
はねバド!3巻 「迫力ある試合描写、女の子の魅力など色々詰まってて濃い満足度」 - アキバBlog

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。