スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画編集者の1人はライバルだけど惹かれあう 朝まで待てません‼ 1巻

久しぶりの更新になります。
ここ半年ほどイカがインクを塗るゲームにうつつを抜かし生活環境が一変したので
ブログどころか漫画を読む習慣さえ遠ざかってしまう体たらくでした。
2016年はリハビリがてらまた更新をぼちぼちやっていきたいと思います。
まずは周りにオススメ漫画を聞いていこうかなーとか思ってますが、
年末に聞いた今作に大分がっつりはまりました。
田中メカ、名前は前から聞いていたのですがしっかり読むのは初めてで、
今まで読んでこなかったのがもったいないなと思わせるくらい良い漫画でした。





田中メカ作。アネララ連載。

同じ漫画家の担当で別の出版社の編集者のラブコメです。
月刊漫画誌の編集部員・大友順平
同じ作家を担当することの多い競合誌の編集者「水落さん」に、
会ったことがないけれどその手腕に憧れを抱いていました。
自身が担当する売れっ子作家猪苗代メグミの原稿を受け取りに向かった際に、
大友は水落夕子と初めて会うのですが、
彼女は剛腕編集者な事前のイメージと反して綺麗な才女でした。

オーソドックスなラブコメです。
設定も定番な感じに、メイン2人を上手く対比させています。
・同業者としての近さ・親近感と、競争相手という距離感・張り合い。
・優秀な才女と、どこか抜けている青年。
・でも人徳で愛される男と、その完璧さが故と勘違いされがちの女。
ここら辺、目新しさはないんですが、1つ1つの描き方が丁寧なのです。
感情の機微やストーリーの盛り上がりといった基本的なツボを押さえてて、
がっつりキュンキュン来る素敵な恋愛劇になっています。
ラブコメ好きには確実に太鼓判を押せる漫画です。

第1話からして良いんですよー。
同業者としての憧れから、人となりに惹かれ、恋愛感情へと発展する。
初めての出会いからここまで行くスピード感。
それを拙速でなく説得力を持たせる確かな描写力。
年に1・2回掲載&1話が50ページ程度という環境もそこら辺を後押ししているのかなと。

お仕事漫画でもあることが良い塩梅に利いてますね。
きっかけが同業者として惹かれあったからこそ、相手に恥じない仕事をしよう。
そんなプロ意識が徹底しているからこそ、そこから漏れる感情がより映える
これもこういう設定モノの基本でしょうが、逐一そこら辺のバランスが見事なんですよ。
あくまで仕事第一、とはちょっと違って、
仕事を頑張ることが自分たちの絆・恋愛にも通じているみたいな、前向きさが好印象。
ドロドロもそれはそれで好きですけどね。今作は爽やかな読後感があります。

2人の担当作家・猪苗代が面白がりながら後押しするのも楽しいですね。
「編集者にとっての担当作家」、トリックスターとして無敵ポジションですね。
ちょっとの強引さも許容されるし、見守られたり見守ったりの別妙な立ち位置。
猪苗代というキャラ自体も、憎めなくって良い存在感です。

1巻最萌えは3話の酒に酔った水落さんですね。
普段は素直になれないのに、酔った勢いで思いを伝えようとする所。
普段のクールな姿とは対照的な駄々っ子っぽい乱れっぷりがあざとくて…
Image0005_20160107214335356.jpg
くっそかわええ。
そんな彼女の告白を、大事にしたいから、シラフの時に聞かせてと遮った大友。
寸止めもラブコメのお約束ですが、それよりなにより大友の誠実さが印象深く。

1巻を通して大分お互いの気持ちが通じ合った1人ですが、まだ付き合ってはなく、
この微妙な距離感特有の初々しさを、そしてそこに変化がある度に生じるやきもきを、
この先も存分に楽しみたいなと思います。



1巻のキンドルは現時点ではないようですが1巻収録分の4話まで分売されているようです。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。