スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクマン。 4巻 大場つぐみ 小畑健 週刊少年ジャンプ

ジャンプ人気作家を目指す若い漫画家コンビ。コンビの間に初めての亀裂。問題を乗り越え連載へと歩みを続ける。
編集者という「コーチ」と、現代の「コーチング」 『バクマン。』4巻書評 - 三軒茶屋 別館
服部というキャラは、理想とする編集者であり、「コーチ」であり、また「上司」なのだと思います。
原作:大場つぐみ、漫画:小畑健「バクマン。」4 | defeated.

腹をくくりきったプロの大人同士のようでもある。
かと思えば仲直りがスポ根もののようだったり。あらゆる時代において、「いまどきの若い子」は謎だ。謎でいい。


SUKEBENINGENSUKEBENINGEN バクマン。4巻を読んだ感想。

「面白くはないが人気がある(お金になる)マンガ家、KOOGY」を登場させ、そこで取るジャンプ編集者の態度をマンガの中で試そうとした。「結局、究極の選択ならどちらを取るんですか。作品(面白さ)ですか?人気(お金)ですか?」


衝突に不安なし、その一方。 『バクマン。』4巻 - 漫画脳
漫画読みログ 少年マンガだからな!「バクマン。」(小畑健・大場つぐみ)4
「バクマン。」第4巻 熱い絆で夢へまっしぐら! 3階の者だ!!~ブログ編~/ウェブリブログ

記事検索 : バクマン。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。