スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花もて語れ 1巻 片山ユキオ 月刊スピリッツ

朗読で表現する豊かな世界。内気な女性が物語の世界に没頭し、
それを伝える、感動を共有する。

漫画脳:目から感じる、「朗読」の力 『花もて語れ』1巻(片山ユキヲ)

思いの強さが聞き手を動かし、心の奥底に眠っていたそれぞれの記憶までも呼び覚まします。その力、その熱。「朗読」は一見静かで大人しいものという、自分が今までに持っていたイメージを一気に覆す衝撃でした。


「花もて語れ」1巻 片山ユキヲ(小学館): ポトチャリコミック

音が聞こえないマンガにおいて、朗読の上手い下手、すごいすごくないを「描く」にはどうしたらいいのか? そこに最大のチカラが注がれていると思いますし、おかげで圧倒的にスリリングな「朗読」シーンになっております。


声になった言葉が、無限大のイメージを相手に伝えるんだ!「花もて語れ」1巻 - たまごまごごはん
片山ユキヲの『花もて語れ』超オススメ! - イマカコミライ@はてな
【オススメ】 東百道、片山ユキヲ/花もて語れ | マンガ一巻読破
花もて語れ:Comic Twitter !:So-netブログ
マンガがあればいーのだ。 朗読マンガ「花もて語れ」に衝撃を受ける
花もて語れ - 音漫
 「花もて語れ」1巻/片山ユキオ - イチニクス遊覧日記

朗読.net企画室: 「花もて語れ」より喚起されし逆説的朗読論
朗読をされている方からの視点。
朗読がマンガになるってどういうこと? イメージの爆弾『花もて語れ』(エキサイトレビュー) - エキサイトニュース
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。