スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新再開するかもしれない更新

さて、予告もなしに3ヶ月以上更新を開けてしまいました。
ブログのコンセプト的に、需要が少なかろうが間を開けずに続けることに意義があるとは思っているのですが・・・どうも行けませんね。
漫画感想リンクブログとして7月から本格的に更新再開、と行きたいですね。とりあえずブログを更新してリハビリ。
ということで最近読んだ漫画の感想でも軽く。

だれもが その名は 知ってはいるが
だれも そのルールを 知らない 謎のスポーツ カバディ!!
これは そのカバディに 命を燃やした7人の男と
1人の少女の 物語である



作者・小野寺浩二の名を聞けばピンとくる人は結構いるでしょう。もしくは、単行本の帯コメントを書き作者もその影響を認める島本和彦の名を聞けば。
「熱血」「ハイテンション」「漢臭さ」なコメディが持ち味の作者。この漫画もその手。ファンは手堅く楽しめると思います。
マイナースポーツ・カバディ部をプロデュースして将来のメディア展開を計画する女子高生。彼女に無理矢理集められた部員たちだが、カバディ発祥の地から来た熱血男に感化されていく。
まだ表に出てこない部員もいますが、それぞれが主人公に負けず劣らずのエキセントリックに。

コメディの幅を拡げるのが「カバディという競技そのものの面白さ」。「高度な鬼ごっこ」と説明される分かりやすいなルール、それでいてハードで戦略的にも奥が深い。恐らくはまだその魅力のホンの一部だけでこれからまだまだ見せてくれるんでしょう。
・・・まぁ「カバディ全国大会」を目指してるはずが、他のマイナースポーツとカバディで闘う「カバディ甲子園」なる企画が次巻から始まるようなのでそんなこと無いような気もしますが!

カバディ漫画。「名前は知ってるけど詳しくは知らない、題材にした物語も思い浮かばない」、盲点だったんじゃないでしょうか。
まぁこんなかんじで。軽くググッても感想書いてるとこ結構見ますね。最近知ったのですが単行本でたの5月だったようです。っつーことで他サイトの感想リンク。
【レビュー・書評】:カバディ7  [作]小野寺浩二 - コミックガイド - BOOK:asahi.com(朝日新聞社)
小野寺浩二「カバディ7」は、世界初!? 謎のスポーツ“カバディ”を描いた熱血スポ根&超展開まんが!! - まんが人blog
カバディ7:Comic Twitter !:So-netブログ
大炎上 | カバディ7 1巻 カバディに命を燃やす男たち! 考えるな、魂で読め!!
小野寺浩二/カバディ7 | マンガ一巻読破
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。