スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと待ってた続巻 ワンモアマシュマロ通信



続きが読めた事が嬉しい。
山本ルンルン先生は長く朝日小学生新聞で連載をしているのですが、その名の通り小学生以外は中々手に届く媒介でなく、なおかつ単行本にならない・なっても最後まで発売されないことが多いので読みたくても読めない状況が続いていたのですよ。
アニメ化もされた代表作「マシュマロ通信」も、9巻まで発売されながら未収録回が多く残ったまま続きが出ないままでした。
それが、今年になって出版社を変え未収録回を集めた単行本が発売されたのです。
それがこの「ワンモアマシュマロ通信」。

ちょっと気の強い女の子、
サンディとかわいいクラウドやその家族、
学校の新聞部「マシュマロ通信(タイムス)」の仲間たちが繰り広げる、
おかしくてちょっと不思議な日常を描いた物語!

(「One More マシュマロ通信」山本ルンルン先生にインタビュー!その1|コンペイトウ書房★日本の小粋な大人のための無料コミックより)

フルカラーでメリハリの聞いた絵柄、子供たちのおしゃれな服装にヨーロッパの国々を参考にしたらしい綺麗な街並み。
ここらへんはまぁウィキペディアにも書かれているようなファンにとっての共通認識ですが、そういうの全く知らない人に読んで欲しいので説明しとこうかなと。
ファンにとってマストバイなのは当然として、初見ルンルンの皆さんにも今回の刊行をきっかけに読んでみて欲しいんですよ。

続き物を途中から読むのは辛い、という人もこの単行本なら大丈夫だと思います。
収録されているのは1話完結のものばかり、それまでの伏線みたいなものもそれほどなく着にせずに読めます。
また、主要キャラである新聞部メンバーがそれぞれメインになっているエピソードが多く収録されており、「作品を知る始めの一歩」として最適なのです。
新聞部部員たちはみな個性的で、それぞれのキャラが印象づけられるようなストーリーです。


例えば、自称モテモテ、でも女の子からは軽く扱われているライム、姉二人に振り回される話。
彼の二枚目半っぷりがよく出ている話ですが、わがままな姉が最後にちょっと弟への思いやりを見せたりして、「なんだかんだで互いに大事に想ってる」というのが安心できるといいますか。全くの「嫌な奴」ってのは出てこないんですよ、マシュマロ通信は。みんなが良い子ちゃんではないし、軋轢が生まれることもあるけど、根本的なところで優しさを持ってる。そこがブレないなと。

そこら辺が出てたのがジャスミンのエピソードかなと。おしゃれで強気、自分にも他人にも厳しいジャスミン。それ故に周りとギクシャクすることも。
周りと揉めたいわけじゃない。それでも「正直でいたい」と思う彼女に、違うやり方でうまくいくところを見せたのが彼女の先生。いわば「空気を読む」という解決策を示したわけですが、いいな、と思うのが、それをエピソードの結論、問題の解決策とはしない所。それは違う角度で、ギクシャクに対する救済を描く。正直でいたいジャスミンを否定しないのです。
肯定するわけでもないけれど、「こういう時はこうしろ」的な道徳的な描き方じゃなくって、それぞれがたまにぶつかったりしながら前に進んでいく感じがいいなって思います。


キャラがそれぞれ一癖持っている中で、ピュアネス一直線なのがこの漫画のマスコットキャラ、クラウド。ヒロインのサンディの元にやってきた、生きて動く不思議なぬいぐるみ。


特徴、可愛い

Image0003_convert_20120311235405.jpg


町の住人から奇異な目で見られ心を閉ざしている魔女っ子に積極アタックして心を溶かすクラウド。
ニコーって。何この可愛い生き物。
ちなみにこの「西の魔女」の回はニコニコ静画にて無料公開されていますのでぜひ読んでみてください。クラウドの天然と純粋さが孤独な魔女の心を開く、素敵な話。
コンペイトウ書房 詰め合わせ - ニコニコ静画 (電子書籍)



Image0001_convert_20120311235316.jpg



買い物しようと街まで出かけたら財布を落として健気なクラウドさん。こんなん町中で見かけたらほっとけないですよね。


Image0002_convert_20120311235352.jpg


なぜクラウドはこんなにも必死に木を登っているのか。それをここで説明する気はなく、ただ、こう、なにかグッと来るものはないかい?いやね、実際クラウドが健気なんですよこのエピソードは。
他の登場キャラがみんなアクが強いので、クラウドの無垢で素直な性格が引き立つんですよ。少し不思議キャラなのにもかかわらず騒動に巻き込まれる側にいることが多く、物語のバランスをとってる印象です。

マシュマロ通信、1~9巻は電子書籍でも販売しているようです。
マシュマロ通信(タイムス):少女コミック:山本ルンルン - 電子書籍・コミックはeBookJapan
作者サイトの告知や出版社サイトのインタビュー記事など。
*ルンルンアワー* : マシュマロ通信のまんが本がでます。
「One More マシュマロ通信」山本ルンルン先生にインタビュー!その1|コンペイトウ書房★日本の小粋な大人のための無料コミック
その2 その3 その4 その5
2012年1月、「マシュマロ通信」が復活します!|コンペイトウ書房★日本の小粋な大人のための無料コミック

今まで単行本が出なかった理由としてあげられているのが、フルカラーによるコスト増→単行本の値段上昇→売上の不振でして。ただ、高いといっても既刊100ページで600円ほど、今回が200ページ1500円なのでそれほど高いということはないです。ただ、メイン読者層の小学生にはきついのかなぁ…なので、財布に余裕のある大人の漫画ファンに是非新たに興味を持って欲しいなぁと。大人が読んでもほんとうに面白いんですよ。ノスタルジィ視線だけでなく、大人になってから読んで感じる愛おしい世界が描かれていると思います。ワンモア~には書き下ろしや最終回も収録されていますが、まだ収録されてないエピソードも多く残っています。もっと話題になって、更に続きが読めたらなと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。