スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラスヤサトシの結婚エッセイ 結婚しないと思ってた オタクがDQNな恋をした!



カラスヤサトシ、結婚!
非モテという印象ではなくとも「奇行・奇想の一人遊びの達人」みたいなイメージはあったので、結構な衝撃がありました。
というか恋愛がテーマのエッセイ漫画なんて連載してたのですね。秋田書店「for Mrs.スペシャル」で連載されていた旧題「女の子はみんないつか必ず幸せになれる」、恋を何年も休んでいた状態だったカラスヤサトシがいろんな女性と見合いしたり女性担当と恋愛トークしたりして恋愛スキルを磨くという企画もの。
企画とは別で彼女ができ、同棲にいたり、ついには結婚・出産という所で今作で公表という流れ。
この一冊が丸々結婚についてを扱っているわけではなし。奥さんが出てくるのは後半1/4くらいからです。
それまでの展開は「いつものカラスヤサトシ」と言えば伝わるでしょうか。担当編集が持ってきたネタにカラスヤが反応、それをネタにする。今回はテーマが恋愛ということで、苦手分野に常に後手後手に回る作者がなんとももどかしい。
カラスヤ作品おなじみの相方としての担当編集、今作は若い女性編集者・K城さん。この人のキャラが光ってました。突拍子のない作者の言動に対し、逐一辛辣なツッコミをいれます。カラスヤ作品でここまで「ガミガミ系」の人は珍しいですが、話が進むにつれてK城さんのキャラクターの面白さ自体が表に出てきます。奥さんと付き合い始め、それを漫画に描くのをためらった作者。ならば私をというフォローがあったため担当の出番は増えたのですが、作者はそれに最大限のイジリで応えます。担当イジリはカラスヤ作品の十八番。
「今まで付き合った男がろくでもない」というネタが磐石。幸せそうに語る元カレのろくでもないエピソードに周りがドン引き。作者企画の1対10合コンでは、ろくでもない元カレに馴染んでしまったからかろくでもない発言連発で参加者みんなドン引き。つまりはろくでもなくてドン引き。本人はここでの描写が不服とのこと。そりゃそうだ。実際どんなもんかは読者にはうかがい知れない所。作者と担当という仲にもヒビが入っていた、みたいなことも後書きにありました。本当にいいものは緊張した現場からできるんだなぁ?
そんな二人も、作者が奥さんのエピソードを描くと決心した頃から仲が戻ったようで。担当には『「エッセイ漫画家が自分のこと描かないでどうするの」というイラ立ち』があったそうです。いや担当さんのエピソードも結構楽しかったですよ。
友人に何度も女性を紹介してもらい、その都度出会う女性と打ち解けられず凹みながら、それでも「いつか自分に合う人が」と行動し続け、今の奥さんと知り合った作者。
今作で描かれたような女性関係の空振り、描かれなかった部分でもたくさんあったんだろうな。それでも続けた事が結果につながったんだなと、自分も思うところがあります。
自分とはキャラが違う女性。あれよあれよと親しくなって、同棲して。作者が戸惑い、流され、反発して、それでも一緒になろうと決意する。少ないページの中で人生が動いているんだという濃密な物語が詰まっていました。
奥さんが作者と対照的なのが興味深い。恋愛から遠ざかって「空気を読む」「暗黙の了解」なのが苦手な者にとって、それを求められるおとなしい女性よりストレートな言動をしてくる女性のほうが馴染むっていうのは膝ポンでした。
作者は同じ秋田書店の「エレガンスイブ」で子育て漫画を始めたみたいです。この物語の続編とも言えるでしょうか。でも、カラスヤサトシは今までもして恐らくこれからも自分の生き様を漫画にし続けているのだから全ての作品は続編とも言えそうです。
「変な漫画家の生態を覗く」というのがいつものカラスヤ作品の楽しみ方だったのですが、今回はそうは行かなかったなぁ、徐々に感情移入してしまいました。
木の葉燃朗の「本と音楽の日々」: [書評]人生を描くマンガ家:カラスヤサトシ『結婚しないと思ってた オタクがDQNな恋をした』
ほんよみの森: ぶわっとなる ~カラスヤサトシ「結婚しないと思ってた オタクがDQNな恋をした!」
カラスヤサトシ「結婚しないと思ってた オタクがDQNな恋をした!」は非モテな作者による、驚きの結婚報告エッセイまんが! - まんが人blog
コミックナタリー - 非モテ独身中年男子の星・カラスヤサトシが結婚
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。