スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短期連載「こがねいろ」 「ダンゲロス」コミカライズの横田卓馬が再びジャンプに登場

横田卓馬という若手の漫画家がいます。
はてなキーワードに詳しくまとめられていますが、ざっと説明すると

・かつてウェブで漫画を発表し好評を博したYOKOだと言われていて
・ジャンプ作家を目指しウェブでの活動を辞め
戦下に咲く
2010年に「第29回JUMPトレジャー新人漫画賞 11月期佳作」という賞を獲得。ジャンプでの今後の活躍を期待される。
オナマスのYOKO氏がついにジャンプに!横田卓馬(23)「戦下に咲く」 - ゴールデンタイムズ
当時の2ちゃんねるの反応。
ジャンプ読み切り「競技ダンス部へようこそ」が超面白い件:ヤマカム
『競技ダンス部へようこそ』を絶讃してみる ~いつも、カッコつかない青春~ - 優しさなんかない
コミックナタリー - 横田卓馬がジャンプに読み切り「競技ダンス部へようこそ」
去年発表された読切も好評。このままジャンプで連載を目指して活動していくと思われましたが…
コミックナタリー - 横田卓馬、月刊ヤンマガ次号から「ダンゲロス」連載開始
戦闘破壊学園 ダンゲロス
ジャンプでの読切掲載からまもなく、小説のコミカライズを別の出版社で連載することに。原作は作家で、The 男爵ディーノ[週刊少年ジャンプ感想サイト]の管理人としても知られる架神恭介。
オナマスの人と尾田栄一郎先生 | はげあたま.org
「競技ダンス部へようこそ」が掲載され、「戦闘破壊学園ダンゲロス」の連載が始まる前、『どう見ても育成中の新人を講談社に持っていかれた状態』のタイミングで尾田栄一郎がジャンプの巻末で絶賛と応援のコメントを残しています。タイミング悪っ。
戦闘破壊学園ダンゲロス(1)初回限定版 (プレミアムKC)
で、その連載が作者初の単行本となりもうすぐ発売されるよというタイミングで。
コミックナタリー - 横田卓馬がジャンプで集中連載、「いぬまるだしっ」最終回
再びジャンプで3話の短期連載をすることに。ジャンプとは切れてなかった?これからは2つないし複数の出版社で活動していくの?と。

例えば「R-中学生」(講談社)で「ウシハル」(小学館)のゴトウユキコのように、若手作家でも連載のチャンスがあれば複数の出版社にまたがって連載をするというのは珍しくない話。ですが、ジャンプには専属契約というものがあると聞いているので、そこら辺がどうなってるのかは気になるところ。いやまぁ、出版社-作者という作り手側の事情は読者にとってはそれほど重要でないと思いますし、事実どっちの出版社でも活動されているんだから、読める機会が増えたという事実を単純に喜びたいと思います。


で、今週のジャンプ掲載横田卓馬「こがねいろ」第一話。これがいーなーと。


ベタな「青春もの」の基本を抑えている感じ。
高校二年生の夏。進学・進路についてそろそろ考える時期。主人公の少年は憧れの女の子を含む友人たちとオープンキャンパス&遊びに東京へ。
憧れの女の子と近づく高揚感と、「目指すもの」を持ちつつある友人たちとそれがない自分との対比・寂寥感。
で、主人公はこっからどうするの?ってところで次回に続く。
クラスメイト4人の東京旅行。昔からの腐れ縁から、今回をきっかけに仲良くなっていく感じまで、親密さの深浅がわかりやすくていいなと。取材して資料を元にしたのであろう東京名所をみっちりと描き、小さく・それでも丁寧に描かれた登場人物はそれぞれの個性をうまく出しています。
Image0020_convert_20120604201532.jpg
ムードメーカーな主人公の友人。遠慮がちな性格の主人公。仲よさげ(この旅行で仲良くなった)女の子ズ。

Image0021_convert_20120604201607.jpg
表情アップのシーンでも、冷静・気苦労・天真爛漫と、キャラの人となりがピンと来やすい。
ダンゲロスの方は「エキセントリックなキャラが多数登場する超能力バトル漫画」みたいな感じ。
1巻が出るくらい連載を経ていますが、まだ自分には世界観が馴染んで行かない感じ。こっちはキャラが比べれば平凡なんですが、それでもパッと馴染んでいきました。要するにこっちのが好み。

作者の巻末コメントがこれ。
Image0023_convert_20120604202107.jpg
ダンゲロスが連載中なわけですが、ジャンプでの掲載・連載もこれからも目指していく、ということでしょうか。作者の活躍の場が増えることへの期待とともに、「飼い殺し」と評されることもあるジャンプ系作家の境遇が変わることとも外野から期待したいと思います。色々あるでしょうけれど。


・おまけ
「書物好きの主人公が友人に漫画を勧めるシーン」で出てきたのが石黒正数の外天楼。
Image0019_convert_20120604201631.jpg


横田先生、石黒先生が好きなんでしょうか。
外天楼 全1巻
クレイジーワールド2nd  ブロガーが2011年の1位に選んだ漫画
記事検索:石黒正数
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。