スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ漫画単行本

我ながらTwitterの慣れ過ぎの走り書きにも程があるという感じで脈絡がないよ。自分用メモくらいのあれです。


憧れの女の子がゾンビになって僕の家に。「南くんの恋人」系統のラブコメ。
体がもげる、空腹になると人肉を食おうとする、などのグロ要素を出しながら、可愛い女の子の魅力をぎっちり詰め込むという無茶な味付けの新感覚スナック。飛んだり跳ねたりはみ出たり。
ゾンビになっても元気100%なヒロイン始め、登場人物が皆牧歌的で優しい、この雰囲気がすごく素敵。キャラの掛け合いがいかにもコントコントしているんですが、この「ほのぼのっぷり」が良い感じのアクセントになってそれも新鮮な読感に一役買ってんのかなぁとか。
クレイジーワールド2nd  りびんぐでっど! 1巻




おいいもう終わりかよ、って打ち切りかようう。まぁ、そこら辺の事情も踏まえて楽しむような愉快なギャグ漫画でした。作者にとっては溜まったもんじゃないだろうけど。
よくわかんないけど超常な能力使えるようになったよ。他にもいっぱいそんな奴いるよ、で、どいつもこいつもしょーもない欲望の具現化に走る。お下品なエロスとテンションと空虚が良い感じでした。




うにょーんとなった、おおお。
作者の万が苦手意識あったんだけどー評判いいんで読んでみたらーぐっさり刺さったー。
「同じ顔をした二人の人物」が物語の鍵握ってて、それぞれの思惑とか行動の意味みたいなのを未だにきちんと把握できてない自分がいる。描かれ方は最小限って感じだね。もう何回か、読み返しながら、それぞれの場面の言動の意味やら心境やらを掘っていきたいなと。
自分が自分として生きていく中で、何が大事なのか、それを突き詰めていけば、自分の存在すら蔑ろにしてしまう、そうしてしまうほどに強く欲するもの、生きていく上での業みたいなのが、みっちりと伝わってきた。
青い鳥はそばにいたんだって、そんな事わかっているのに人は空ばかり見てるというか。



なんか、現状で「似た着眼点で正反対の方向に進んでるな」って所があって面白いなと思った。
前者は「ルーラ?移動魔法?こんだけの質量を一瞬で長距離移動できんの?すげーエネルギーじゃん、これで攻撃すりゃいいんじゃね?」って発想で、ただの運送屋の少年を世界最強の長距離破壊魔法使いにしました。要は、ファンタジー世界で普通に存在しているものの異常性を見抜いてそれをパワフルにした。
後者は「マッハで動ける能力」に対し、「でも実際マッハで動いたら体がズタボロだからせいぜい300キロくらいでしか動けないよね」「走って移動している以上足場悪くすればこけて重傷だよね」「砂ばらまいただけで壁完成よね」と、ファンタジー世界にあって凄いとされている能力に、みみっちさを感じる庶民的な弱点を浮きぼらせた。
前者はパワーのインフレを初っ端から起こす。なんてったって第一巻第一話でラスボスが主人公の少年によって肉塊になってるからね。ただ、Xすくみというか、それぞれの得手・不得手のある実力者・集団を上手く絡めることで油断ならない物語に仕上げてる。2巻で関心したのは、主人公サイドが視覚を付かれてあっさり人質取られた所、そこを打開したのが「パーティの中で一番ザコの普通の青年」だったこと。実力者=物語世界での絶対の「格」を持っている、ってパターンありますが、そこに対して努力や友情で解決するんでなく、ひとつの戦略、流れ、時の運で雌雄が決っしそうってのが緊張感あっていいなと。
後者は、ジャンプ的超常能力バトルを下敷きにしてると思うんですが、あれはキャラと能力あわせて「格」を作り、それを互いにアピールしながら・かっこつけながら闘うって感じと思うんですが。あれをちょっと斜めから読むと、間抜けな抜け穴も見つかりますよね。そういうのを気にせずにキャラに酔うという読み方と、抜けてる部分を含めた味を楽しむ読み方。これは、自ら向けてる部分を全面に出してますね。既存の作品のパロディという面があるのかな、端から斜めから目線のひねくれた読者を楽しませることを目的にしたサービスなのかな。
これ、一緒に語る必要あったんかとか考える。



壮絶って言葉を使わずに語りたいけど使っちゃうよねー面食らっちゃうもん。
とりあえず、「統合失調症患者が投薬治療を中止せざるを得なくなり、妄想の世界にどっぷり使っている状況」を「漫画家が自ら描いた」ってのは貴重と思う。読んでるだけで結構、持っていかれる感覚あった。これが、実際見た妄想なんだって言われると、おおうって、なる。そっからなんとか、現実に戻っていく感じ、そっからも茨道だろうに、ほっとするんだ。凄い力技。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。