スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛媛FC公式マスコットが活躍 オーレ!オーレくん

さる5月3日、J2のリーグ戦、ジェスユナイテッド市原千葉対愛媛FCの試合を観戦しました。

僕はサッカーには疎いんですが、能田達規先生のサイン会があると聞いたからでした。

ジェフユナイテッド市原・千葉オフィシャルサイト | JEF UNITED ICHIHARA CHIBA Official Web Site

○能田達規先生イラスト色紙プレゼント!&特別サイン会!
 サッカーマンガ作家であり、愛媛FCマスコット「オ~レくん」の生みの親でもある
 能田達規先生が、オリジナルイラストを描いてくださいました。この色紙を、下記の
 先着計200名様にプレゼントいたします。また、能田先生のサイン会も実施!

※無論、終了しています。

かつて愛媛を舞台にしたサッカー漫画「ORANGE」の作者であり多くのサッカー漫画を世に送り出した能田先生。「愛媛FCマスコット「オ~レくん」の生みの親」で、愛媛FCには深く関わっておられるようでした。
愛媛FC マスコット

マスコットは愛媛県出身の漫画家「能田達規」先生の作。愛媛の特産品である「みかん」をモチーフに擬人化させたマスコットです。オ~レくんたちの見つめる先には愛媛の明るい未来が待っている!


サイン会で販売されていた能田先生の漫画冊子がこちら、「オーレ!オーレくん」。一般的な書店では販売されておらず、FC愛媛の物販関係で売られているみたい?ちょっと不確かなのは申し訳ない。

Print0014.jpg
能田先生デザインの公式マスコットによる4コマ漫画です。
内容はこんな感じ。

Image0077.jpg
ここで描かれる「FC東京サポイナゴ伝説」はサッカーファンの間で有名らしく、最近でもこんなエピソードが。
ドメサカ板まとめブログ : 鳥栖のスーパーがFC東京サポ対策にミンチ天を大量仕入れ!グルメバトルの結果は…
ちなみにFC東京サポの2人に試合を連れてってもらったのですが「遠征先の飯を食べるのは当たり前のこと」とのことでした。


Image0078.jpg
ホームゲーム1試合ごとに1本の4コマ漫画とその試合の概要、チームや地域などの紹介、4コマに出てくるネタの解説などが詳細に描かれています。
マスコットキャラの和気藹々としたやりとりそのものが面白いんですが、そこにあるのは「愛媛・四国への愛着」「J2、サッカーへの愛着」なんですよ。そして、それを知らない僕のような人でも、それがわかるように細かく解説してくれる。
これ、「サッカーチームの広報誌」として見事な作りだと思うんですよ。
この冊子には2010~2012年のホームゲームが毎試合掲載されています。元々は試合ごとに1枚配布されているのだとか。ちょっとすいません、そこら辺細かくは不確かです。
こうやってまとまって残っていると、チームとしての記録として価値が有るでしょうし、僕のような知らなかった人間にも親しみが生まれてきます。
カラーで70ページほどで800円と、それほど高くなくて充実した内容でした。

ちょっと思ったこと。能田先生は似顔絵も描かれているらしいけどこれにはあまり選手が出てこない、選手も見てみたいなというのと、これほど出来の良い4コマは、例えば4コマ誌とかで広く読まれるべきだしチーム広報としても作品としてもより効果があるんじゃないかという読者としての無責任な思い。思い浮かんだのはみずしな孝之先生の「ササキ様に願いを」と「うわの空チュートリアル」。

ちなみに5月12日アウェイ横浜FC戦と6月8日アウェイ東京ヴェルディ戦でもオ~レくん4コマ販売&サイン会予定ですとのことなので、少なくとも関東近郊の能田ファンには是非足を運ぶことをオススメします。冊子自体は他のアウェイゲームでも販売されるのかな?ちょっと定かではないですが物販自体はあるはずですし、J2は全国いろんな場所にチームがありますので、あなたの街にオーレくん4コマが来るかもしれない。気になる方は愛媛FCの公式サイトで確認されるといいかもです。

ちなみにサイン会での僕と能田先生との会話。
「サッカーの試合はめったに見に行かないけど能田先生が来ると聞いて来た」
「オレンジで先生の作品にハマった」
「サッカーの憂鬱の新刊も楽しみにしている」
という旨の事を伝えたのですが、そしたらなんと能田先生の方から握手をしてくれるという感激な出来事が!漫画でのイメージそのままの穏やかで気さくな方でした。

試合はというと、なんといいますか「面白くてびっくりした」って感じ。
僕はあまりテレビでもサッカー見ないんです。正直そこまで好きじゃなかったのです。
ところが、スタジアムで見るサッカーの試合は今までの印象を覆すエキサイトな試合でした。広いフィールドにボールと人が連動してゴールに向かう姿は迫力満点。テレビで見るときは得点に至らないと消化不良感があったのですが、ゴールに迫ることだけでこんなにワクワクできるのかと。サイドチェンジや中央突破、オフェンス側を自由にさせないディフェンス側の体を張ったプレイ、素早い攻守の切り替え、そして連発される両チームGKのファインプレイ。一気に魅せられました。
ジェフ千葉の本拠地、フクダ電子アリーナがサッカー専用スタジアムで、観客席とフィールドが近いからというのもある、というのを一緒に行った人から教わりました。専スタがサッカー観戦をよりエキサイトにするというのは能田先生の漫画「オーレ!」でもありましたね。無論、「近いから」だけでない「生の魅力」をそこには感じました。

能田先生の本目当てだけでいいと思うんですよ。能田ファンだけどサッカー自体には興味は、という人にもぜひ見に行ってほしいなと。これがサッカーに興味を持つきっかけになるやもです。
新刊が今月出るー5月29日! 
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。