スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

となりの怪物くん完結と、番外編へ期待

となりの怪物くん、完結しましたねー。


他人と関わろうとしなかった少女水谷雫と、他人と関われなかった少年。
2人が出会い、ひょんなことから惹かれ合い、ぶつかりあいながらわかりちあうという物語でした。
最後に流した涙が印象的。今まで築いてきたもの、傷ついてきたものが、一気に溶けて染み込んだような、そんな瞬間でした。

Image0005.jpg

互いに相手のことが好きで、大事に想い、近づこうとしていく。
それなのに、他人と向き合うのが苦手だったが故なのかか。
まとまらない、こじれてしまう、根本的には相手も自分も信じられない。
行ったり来たりを繰り返して、それでも前に進んできた2人が、最後の壁をぶち抜いたような、そんなことを思わせるシーンでした。
気持ちが通じあったと思ったら、今度は互いの人生のために一旦別々の道を歩んだり。ここら辺のサバサバした感じも、いかにも我が道を行く2人らしくてよかったです。
もうちょっとこの漫画を読んでみたかったけど、2人の物語としてはこれで一旦の終止符が打ててしまうわけで、終わってしまうのもしょうがなしなのですよねー。
しかし、2人の物語は最終回を迎えても、となりの怪物くんという漫画はもうちょっとだけ続くわけです。
Image0014.jpg
そう、2人が前に進めたのは、周りの友人たちがいたからこそ。そんな彼らのその後はどうなった?が今後描かれていくわけですよ。
だったら12巻で完結じゃないじゃんとか完結と銘打つなら13巻とナンバリングするのはどうなのよとか思わなくもないですが
お前は続いて欲しいのか終わって欲しいのかと。無論続いて嬉しいですと。

まぁそれはいいとして、番外編で個人的に一番期待しているのは大島さんと隆也のおねショタカップルの行方なわけですよ
え?そんなんあったっけ?そう思って既読の方もいるやも。
話のメインでは描かれておらず、恋愛と言えそうなものが始まってもいない、ただ、恋愛の「種」が蒔かれたんだなって描写がさらっと描かれているだけ。その感じが良いのですよ。人が恋する瞬間を見てしまった、みたいな!ですよ!
ということで2人の関係を振り返ってみたく。

主人公であり凶暴な変人として知られる吉田春を好きになった大島さん(大島千づる)。シズクたちと仲を深め、ハルが如何にシズクに惚れているかを間近で見続けながら、それでも、自分の気持に区切りをつけるために想いを告げるのでした。

Image0019.jpg

玉砕しながら、それでも縁の続くハルに対し、友人でいよう告げる大島さん。
恋愛でなくとも、友人として一緒に。打算でも未練でもないその真っ直ぐな心意気に胸が打たれます。

Image0020.jpg

相変わらずクラスで浮いてしまうハルが馴染めるようにフォローする大島さん。天使すなぁ…

Image0021.jpg

主人公に恋し、破れ、結果としてヒロインの当て馬となってしまった大島さん。
それでも、ただ不憫さを煽る存在としての描かれ方でなく、覚悟の上で失恋に向かい、それを受け止め、新たな一歩を歩み出す姿が真正面から描かれた、それがとても魅力的でした。彼女らしい健やかな強さが素敵でした。


この恋は叶わなかったけれど、大島さんには幸せになってほしいな。そう思った読者も多いのでは。
そんな読者の願いに応えてか、彼女に恋をする少年が現れます。水谷隆也。小学生で、ハルの恋人・水谷雫の弟。つくづく腐れ縁ですわぁ。
特徴は、シズク以上の仏頂面と、無愛想な態度。

Image0022.jpg
地味に大島さんとの初対面シーンでもあり。
そしてそんな彼に対する姉の溺愛っぷり。雫は基本他人に対してシビアな態度をとるので、この猫可愛がりは意外性があって印象的でした。

Image0023.jpg

そして案外綺麗なお姉さん好き。むっつりスケベ?いえいえ健全な男の子です。

Image0025_20130826033148691.jpg

そんな隆也が姉の同級生・大島さんに惹かれるようになったきっかけと思われるのは、ある夏祭りの日。

Image0026_20130826033200dde.jpg

大島さんからもらったりんご飴を眺める隆也。
表情の変化などではっきり感情がわかるタイプではないため、「そう思わせる描写」が少しずつ挿入されていきます。
Image0027_20130826033154cf3.jpg
学園祭、姉の彼氏はガン無視で大島さんに話しかける隆也。

Image0028_20130826033359866.jpg
人見知りな隆也がわざわざ話しかけるなんて!
あと学ラン姿の大島さんが可愛すぎると思う。

大晦日に会ったと時は積極的に大島さんと一緒にいようとする隆也。
Image0029_20130826033342ef9.jpg
恋愛感情の吐露ではなくとも、大島さんを明らかに特別扱いしてるよねっていう、こういう描き方が、なんか良いですわぁ初々しくて。

Image0030_2013082603335586c.jpg
夏のある日、出会った頃よりも少し大人になった隆也と、太陽の下で汗ばむ眩しい大島さん。
こういう些細な積み重ねが2人の間にはあるのだなと思わせるシーン。あと、歳の差カップルの片一方の成長って、もうそれは2人の間が縮まるみたいなもんですよね!

番外編で隆也エピソードが描かれるということは予告ページからして確定的に明らかっぽいですし、その内容は大島さんとの歳の差恋愛がいよいよガッツリ描かれるのではなかろうかと。

最終巻の描きおろしページでは成長した2人の1コマが!これはラブが始まっちゃうん感じではないでしょうか。
Image0031_20130826033350fec.jpg
これは女を陥落す鷹の目をしていますわ…大人の女性な大島さんもまた良い…
子供としか見てなかった年下男子に言い寄られてドギマギする大島さんとかもう想像しただけで最高じゃないですか!
ということで続編でここら辺描かれるのを切に楽しみに…デザート本誌ではもしかしたらすでに始まっているかもですが雑誌は読んでいないということであしからず。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。