スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強制性転換されたギャルは性犯罪者100人の住む島に監禁される

絶望の犯島1巻。漫画アクション連載。

櫻井稔文(別名義で桜壱バーゲン)の絵には変な力がある。品がなく間抜けでしょうもなくて、でも一目見ればそれとわかるインパクトがある。
Image0034_20130829015623d61.jpg

手前のギャルがわけあって後ろの変態男100人に性的な意味で襲われる漫画。

Image0035_20130829015531873.jpg
外界から隔離された離島にいるのは身勝手な性犯罪者達。その言動には暴力や悪意や狂気がはらんではいるものの、妙に存在感のある「下品さ・間抜けさ・馬鹿っぽさ」がどうしてもギャグっぽさを出してくる。暴力や悪意をギャグにしちゃってるとも言える。

Image0036_2013082901553915e.jpg
性犯罪者の1人に無理やり襲われようとしているシーン。嫌悪感や背徳感よりも、画面からにじみ出てる間抜けさの方に目が行く。

しかし、あくまで設定・背景はエグい。馬鹿展開に隠されながら、根底のエグさは作品に緊張感を与えている。
自らが所属する闇組織の会長の、妻と娘に手を出したスケコマシ、釜島孝造(コーゾー)
不貞がバレ、怒り心頭な会長は狂気じみた復讐を思いつき実行する。
スケコマシを女体に改造し、性犯罪者にレイプさせた上で殺す。そのために離島に100人の性犯罪者を用意した。
体を・心を・尊厳をボロクソに徹底的に踏みにじるためだ。

Image0037_20130829015600e14.jpg
なんで肉体改造場面がこんなにおもしろ実験シーンみたいなんだ…
性犯罪者たちに追われている中で、生き別れとなっていた父親と偶然の再開を果たす。
かつて性犯罪を犯し、家族を裏切って去っていった憎むべき父は、見る影もなく醜くなっていた。

Image0038_20130829015634878.jpg
別の性犯罪者ではこの手の汚さは「間抜け」という印象も強かったが、父子の経緯が描かれた上でだと、このシーンは「かつて尊敬していた父に対する、子として味わう失望・絶望」という作用が強くなる。
極限状態に追い込まれている最中に幼少のトラウマが掘り起こされる。それを知った会長はコーゾーをさらに追い込むために利用する。

人の汚さ・弱さ・悪意が煮詰められている。まるで悪質で良質な背徳的成人漫画長編のような構成。
そして、その作り上げられた緊張感も、無闇な馬鹿で崩されるという堂々巡り。その混在っぷりが作品に妙な味を生んでいる。
なめくじ長屋奇考録 桜壱バーゲン 「バカ潜入」!!!! ハズレ風俗体験漫画界の帝王、渾身の一冊。身も蓋もない、嘘がない。俺は桜壱バーゲンが好きだ。
深町秋生のコミックストリート (あさっての方向に)爆走する男たちの履歴書『バカ潜入!』
実話誌のルポ漫画で磨かれた「奇人を過剰に描く技術」が今作に嫌というほど活かされている。
【コラム・ネタ・お知らせ】 敵は100人の性犯罪者!極限サバイバル開始! - アキバBlog
双葉社 Webアクション1話試し読み
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。