スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新3大 グイード・ミスタの華麗な暗殺 第2回 「VSプロシュート兄貴戦」

ミスタのスタンド「セックス・ピストルズ」は、実存する銃に宿り弾丸を操作するスタンド。
能力はシンプルであり馬力は低い。
Image0055_20131127005921474.jpg
近距離戦闘が得意なスタンドには馬力負けしてしまうわけです。
ただ、「銃という武器の特性」+「弾丸とともに移動しその場の判断でそれを操作できるスタンド」+「本人の射撃能力」が合わさることで、遠距離からの正確無比な攻撃を可能にしているのです。
Image0056_20131127005932f6c.jpg
身構えられた相手に対しては分が悪いけれど、相手の死角から静かに仕留めるに向いている。
まさにサイレントキル=暗殺のためのスタンド能力者なのです。
ということで、
□新3大 グイード・ミスタの華麗なる暗殺
第2回「VSプロシュート兄貴戦」→第1回 「VSサーレー戦」
所属する組織のボスから指令を受け、追っ手から逃れながら電車でフィレンツェを目指すブチャラティチーム。
追っ手は組織を裏切った暗殺チーム。暗殺のスペシャリストです。
そう、今回は暗殺者同士の対決なのです。

無差別・広範囲老化能力」により、気付いた時にはすでにパーティ壊滅の危機に陥ったブチャラティチーム。「体を冷やせば老化は防げる」という法則性を見つけ出し、所有する氷を全てミスタに託して送り出します。
Image0057_20131127005928178.jpg
そう、ミスタはこのチームの暗殺担当者。一番の適役なのです。また、老化能力は強力ですが鉛の弾を防ぐ手段にはなりえません。近づいて殴る他のメンバーのスタンドよりも相性は良いでしょう。
チームの命運はミスタに託されたのです
Image0058_20131127005930fe2.jpg

命運を託さ…即効罠にかかってる!!!

出撃早々、大破!ミスタたちの思考の埒外にあった「もう一人のスタンド使い」の存在。
釣り糸を操るスタンド使いペッシの「ビーチ・ボーイ」に食いついてしまいます。
隠れ場所から敵を探索に出てわずか5ページ、「行動を読まれる」という暗殺者として一番やっちゃいけないヘマを犯し、一気に窮地に陥るのでした。
Image0059_20131127005859aff.jpg
ところが暗殺者としてアレでも逆境でこそ輝くのがミスタの真骨頂。他のスタンド使いがいる→そいつも体を冷やす必要があるはず→氷を奪えば相手も窮地に陥る、という素早い判断で、不特定多数がひしめく客席の中からペッシを見つけ出し、徳俵からの一発逆転劇を演じたのです。
Image0060_2013112701004476b.jpg

ペッシを追い詰め、もう1人の仲間、老化能力者を炙りださせようとするミスタ。
Image0061_20131127010028c83.jpg

緊迫した空気の中、彼らの戦闘に巻き込まれた老人がミスタに擦り寄る。
Image0062_20131127010024ea1.jpg

ミスタが適当にいなそうとすると、その老人は不気味に微笑む。
実はこの老人こそ、チームを追い詰めた張本人、老化スタンド「グレイトフル・デッド」の使い手、プロシュートだったのです。
相手の接近を許したミスタは老化能力をモロに受け、一気に戦闘不能に。そして…
Image0063_201311270100395fc.jpg
プロシュートに速攻で仕留められるのでした…

プロシュート見事。変装し虚を突き一気に仕留める。まさにこれぞ暗殺者といった仕事。
対して、うっかり罠にハマり、敵に虚を突かれ、あっさりと仕留められたミスタ。
正直、暗殺者としての力量の差を感じる攻防でした。
何気に、「仲間をあぶり出すとはいえ無防備なペッシを殺さなかったミスタ」と「行動不能になったミスタに油断すること無くとどめを刺したプロシュート」という、スタンスの面でも差がでてますよね…

ペッシのスタンドは攻撃特化型で、小さく速い銃弾を防ぐのは難しかったでしょう。
「老化」という特殊能力は鉛の弾丸の前では無力であり、まともにぶつかればプロシュートの分もかなり悪かったでしょう。
暗殺者として、これ以上ない見せ場だったはずだったのに、逆に暗殺されてしまうミスタ…
もしかしてこいつ駄目暗殺者なんじゃね?そんな予感がよぎりますが、ミスタの活躍はこれからだ!
次回、新3大グイード・ミスタの華麗な暗殺第3回、「VSギアッチョ戦」正真正銘の大活躍が待っていますよ!
Image0054_201311270111414e7.jpg

やっぱり乱打戦じゃねーか!!
暗殺者とはなんだったのか。
あ、ちなみにその後のブチャラティチームですが、リーダー・ブチャラティの大活躍により、覚醒したペッシ、驚異的な精神力でチームを追い詰め続けたプロシュートを退け、ミスタに託したことで潰されかけた命運をリーダー自らが取り返したのでした。
ギャング同士の覚悟・意地・執念がぶつかり合う熱い言葉と行動の連続、息を飲む戦いでした。
一方ミスタは、自身のスタンドの機転により一命は取り留めたものの、暗殺失敗以降ずっと寝てたことを付け加えておきます。

この戦いは単行本だと52・53巻、文庫本ですと33巻に収録されているようです。
ところでで「VS○○戦」って頭痛が痛い的な日本語な気がしますが気にしません。泣いてなんかいません。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。