スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LO 2014年ニューカマー作家紹介 その3 複数登場組

その1その2の続きだよ。
1年の間で複数回登場した作家の紹介。
全員で6作家、最多登場はのりパチ先生の3回だ。
1回のみ登場の作家は11人、如何に再登場が狭き門かってことで。
現在のレギュラー陣を脅かし、
今後のLOを支える看板はこの中から出てくるのか?
ということではじまりはじまり~

ぽんぽんイタイ作者サイトpixivTwitter
妹はこーもん期!? 1月号

要注目新人初登場24ページ。
刮目して抜け!!

自分に辛く当たる妹に復讐。
トイレを封鎖して失禁させ、屈辱に震えるところ更に追い討ち。
ということで陵辱モノ。にも関わらずどこか牧歌的なのが、
優しい世界観なのかより邪悪なのかは評価が分かれましょう。
特筆すべきはタイトル通り「尻穴」モノであることでしょう。尻穴ですよ尻穴!
「生意気な女は尻穴が弱い」という謎理論がエロ界隈では常識と化してますが
今作もその例に漏れず、尻穴を責められた少女が、あっさりと快楽に浸る!
尻穴具合も個人的にものすごく好みで。
エロ漫画の尻穴の種類は「しわの有無」で分けられると思うんですよ。
閉じた状態の、リアルな感じでしわが刻まれる「有り」派。
開いた状態で皮膚が伸び、シワが無くなってツルッとする「無し」派。
雑な分類ですし状況によって可変の場合もあるのであくまで目安で。
僕は無しの方が好きなんですよね、たぎるんですよね。
こう、ツルッとした穴をですね、ヌポヌポと、指やらイチモツやら出し入れする。
引き抜く際につられて伸びたり、また押し込まれたり。
そんな光景に、僕は幸せを感じるんだ…
大体、円柱状の物を入れるのに、穴が円である事のほうが映えるということは、
美術的黄金比的な観点から言っても揺るぎない真理なんですよ。多分。
話がだいぶ逸れた感ありますね。

Image0200.jpg

この、脳髄まで痺れているようなイキ顔に、どこか御免なさいっぽさを感じました。
あと、なんかメルヘンな雰囲気で締められるのがのが無有利安ぽくて良いなと。


図書館裏のころねちゃん12月号

約1年ぶり再登場24P。
あえて言う。
「もっと描いてください」

ということで久しぶりの再登場。
アホな少女がヒロイン。エロ本拾って性に目覚めるも、
知識の無さから来る不安と漠然とした背徳感で戸惑う。


Image0201.jpg

高ぶりの抑え方も分からずペチャペチャやってるところ、エロ本の持ち主登場。
知らずに快感を求める無垢な少女の誘いに、低い理性の壁があっさり陥落。
開き直って最終的には容赦なくいただいちゃいます。
「無有利安ぽさ」=お遊戯的・メルヘン風味、みたいなのは1年前よりちょっと薄まり。
それでも「めでたしめでたし」な読後感に通じるものを感じてしまうのでした。
少女のあどけなさ(とそこから乱れるギャップ)が前面に出た作品でした。
初登場時ですわ尻穴専作家かと期待しましたがそんなことはなかったぜ。


睦月はる公式サイトpixiv
my nasty sister 2月号

祝・初登場!!

兄妹モノ。
かつて優しかった妹だが、最近はやたらと冷たくされる。
自身の秘めた思いがバレたからではと悩んでいたが、
ついに決定的な場面を目撃される。
兄は妹に欲情していた。そして妹も兄に欲情していた。


Image0202.jpg

気持ち悪いと罵りながら兄の体を弄ぶ妹。
これまでの抑圧から開放され妹を貪る兄。
一線を越え禁忌を犯す様を淫靡にダークに描く。
黒髪の妹の存在感が映える、雰囲気のある作品です。


 ももいろおっぱい5月号

好評御礼再登場18P

初登場とは全く対照的な作風ですね。
読者の反応を試しているのか、作風の広さを紹介しているのか。
兄妹→幼馴染、ダーク→コミカル、黒髪ロング→ツインテ
一緒にいることが当たり前すぎて色恋の欠片もない少年少女。
性欲を持て余しながら幼馴染を異性として見ていない男が、
そのくせエロいことさせろと強引にせがむ。


Image02030.jpg


我侭は男の罪、それを受け入れる女の純情。
素直になろうとする女と、鈍感な男。
なんつーか、若さだし、幼馴染だなとしか、言えないっす。
良いなあこういう関係。ああ、幼馴染が欲しいだけの人生だった…


のりパチ作者サイトpixivTwitter
ヤミカツ!4月号

LO初登場!

LO以外にも同出版社のGirls for Mで執筆経験あり。
不良ロリビッチにひどい目あったので復讐する話。

Image0205.jpg

こんな生意気な少女が

Image0204.jpg

こうなるわけです。
少女の横柄で乱暴な態度、
それを大人の腕力で問答無用で従わせる野蛮さ。
尊厳の破壊は陵辱の基本。
行為自体のねちっこさも見もの。
二人がかりで体を抑えて服を脱がして咥えさせて。
撮影したり電話したりで精神的に揺さぶって。
あと尻穴尻穴。非処女ロリに初めての尻穴で余裕を根こそぎ奪う。
ガッツリとした展開でした。


種付けバカンス始まります♪
巻中カラー7月号
登場2回めでフルカラー8P。
生理が来た妹は孕ませ希望。
南の島で種付けバカンス。
エッチな水着を着た妹と砂浜でただひたすらエッチ。

Image0206.jpg

青い空、日に焼けた肌、どくとどくと注がれる精液。
エロ腕力ですね。ただただ、エロい。使える。何より大事なこと。
ページ数限られるフルカラー原稿は単純に
「いかにエロいシーンを見せつけるか」が求められると思いますが。
その確かなエロ描写力をまざまざと見せつけられました。


アオ!カン!9月号
普段から性行為を繰り返す兄妹。
ふとしたきっかけでやってみた野外露出に妹ドハマり。
団地で・遊園地で・電車内で、肌を晒して撮影して繋がって。
個人的好みとして、露出には恥じらいが、
破滅に対する恐怖心があると良いのですが、
性にあけすけなヒロインが作者のこだわりであり特徴と思うので、
こんな感じで良いのだと思います。



BEなんとか 作者サイトニジエTwitter
スーパーレア小学生6月号

祝・初登場!!
LOが自身を持っておすすめするナイス新人です。

金欠少女、お小遣い欲しさにホイホイついて行く。
Image0207.jpg

自分の価値を知らない少女。
薄い体に張り付くマイクロビキニがなんとも卑猥。
お小遣いを盾にリクエストに応える安売り感と、
あっけらかんとした少女の快活さと、
右も左も分からない少女をかどわかす淫靡さが、
見事にマッチして独特の味わいに。


恋人は義兄妹11月号

超好評御礼再登場!!

弟のように可愛がっていた妹の友人、実は女の子だった。
女とバレて照れる少女と、女と知って戸惑う男。
女の子として甘えたかった少女と、女の子と思うと欲情が止まらなくなる男。
コミカルな雰囲気から関係性の変化、
エロ展開の盛り上がりをスムーズに描かれているのが見事。
そういうの抜きに、ウブな少女の好意に付け込んで
ガッツリやっちゃう下衆エロ展開が訴求力抜群。

Image0208.jpg

「エッチな行為」という認識でなく、
「兄貴からされたイタズラの仕返し」として咥える少女!
その後はエロランジェリー&バニー耳&バニーしっぽイン尻穴
ガツガツと突かれ感じるダイナミックさ、たまりません。



武藤まと作者サイトpixivTwitter
夕立 ほうかご9月号

持ち込み勢からハイレベルな作家がまた一人LOに参戦!柔らかな身体のラインとかころころ変わる豊かな表情描写とか透明感ある画面とかいろいろ見どころはあるけど、ともかくも「かわいい!」の一言に尽きるこの漫画。ぷにっぷにの小三女児を思いっきり堪能してどうぞ。

アオリ文なげえよ。「作品へのアオリ」と「作者紹介コメント」があって
作者へのコメントの方だけ抜き出してるんですがなんか上手く区切れず。

雨に濡れた体を冷やした少女を温めようと密着する担任。
少女からのささやかな誘惑に性欲を抑えきれず…
純情めいた2人が獣のようにむさぼりつくエロス。

Image0209.jpg

絡みつく体、深く包み込む結合部、
トロトロになった表情が、快楽に浸リっぷりをみせつけます。
ぽてっとした体型とともに赤面と潤んだ瞳が印象的。



ふぁざーこんぷれっくす12月号

好評御礼!かわいいは大正義道を
ぶっちぎる新映画祭登場よ!

父をなくした少女が、その弟に面影を重ねる。
叔父の家で秘密の情事。

Image0210.jpg

気の弱そうな叔父をリードするサドロリ少女。
男のモノを咥える少女の瞳が、
慈しむような、蔑むような、誘うような、余裕綽々のような、
なんとも存在感があります。
涙目が印象的だった前回とは好対照。
余裕ぶるのは不安の裏返しなのか。
叔父に依存し縛らずに入られない少女の寂しさと不安。
そんな少女を手放せず、その肉を貪る男。
危うさを抱えたまま続く禁断の関係。
なんとも醜くて美しい情愛。

千口ミリ(現チグチミリ)
寝ても覚めても10月号

真夏のLOに新風!?
持ち込みより颯爽とデビュー!

今回の記事を描いて改めて実感したのが、
今の漫画家はみんなウェブで発信、特にpixivやってるな、と、
商業で描く前に同人やってるものだな、ということ。
今回の一連の記事で、その条件に当てはまらない
唯一の作家が、このチグチミリ先生でした。
ググって確認しただけなのですが、
同人活動もサイトも不明。
もしかしたら、本格的漫画活動はLOが最初?
それにしては完成度が高いですし、
既存作家がペンネーム変えたのかもとか思ったり。
チグチミリ、謎の作家。
と、前置きが長くなりましたが作品について。

兄の寝床に潜入する妹。
ちょっとしたイタズラのつもりが、意識して気持ちが高ぶるのが可愛い。
だんだん本気で体を重ねる。

Image0211.jpg

初めて(!)の挿入をノリで遂げて、
「ま いいか」で寝落ちしちゃう軽い感覚。
妹が寝たら兄が落ちて攻守交代。
いるはずのない妹のあるはずのないあられもない姿に
驚きながらどこかあっさりと受け入れて、
そんな妹に我慢できずにこっちも挿入。
近親相姦という冒してはいけない禁忌に戸惑いながら、
それはそれとして目の前の体に夢中。
激しく突きまくってそのまま寝落ち。
妙な噛み合わなさを残しながら、本気になって一線越えて、
それをあっけらかんと受け入れちゃう、それでいて遊びじゃない、そんな感覚。
この日常と非日常の揺らぎが、独特の世界観を出しています。


新しい朝がきた12月号

元気いっぱい!期待の持ち込み新人がPNを改め再登場♪

銭湯で起立したイチモツを目撃した少女。
純粋な好奇心からもう一度見たいと願い、
頼ったのはラジオ体操のハンコ担当のおじさん。
早朝の公園で2人きりの見せ合いっこ。

Image0212.jpg

セックスの意味すら知らない少女が
好奇心のまま体を差し出し貪り尽くされ、
意味がわからずとも体に走る快楽に浸る。
あまりにもあけっぴろげ。
無垢なのか、天然の淫乱なのか、いたずらな少女の存在感。

ちなみに、2015年1月号にも登場予定とあり。
4ヶ月で3回と非常に高頻度な登場、
今度のレギュラーか看板かと期待が膨らみます。

そんなこんなで2014年ニューカマー作家紹介、以上で終わりです。

彼らが活躍するか、ベテランが存在感を見せるか、
はたまたまだ見ぬ新星が新たなインパクトを生み出すのか。
もちろん、そのいずれも期待に応えてくれるでしょう。
来年のLOにも期待が膨らみます。

次からは各号ごとに紹介していきたいなと。それではこれで。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。