スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・ラグーン 9巻 広江礼威 サンデーGX

アウトローの世界に足を踏み込んだ、元商社マンの青年。9巻では3巻半に渡ったロベルタの復讐の物語に終止符。その中で立ち回る主人公の内面に注目が集まる。
「BLACK LAGOON」 「面白さ」を求めたロックは「夕闇」にいられたのかという話 - ポンコツ山田.com

ロックはぶれていない。「夕闇」の立ち位置も、享楽を求めてロアナプラを選んだその性根も、ロベルタ編を通じてそこかしこで光っている。


「BLACK LAGOON」悪役面のロックは「正しい」人間ではなかったのかという話 - ポンコツ山田.com

ロベルタ編の主要人物は、みな「正しい」。みな筋が通っている。そしてみな等しく、他の側から見れば狂っている。それでもなお、その「正しさ」の優劣が読み手において画一的につけられてしまうのは、他のある「正しさ」を嫌悪しているキャラクターの見方に読み手が同一化されているからだ。


BLACK LAGOON 9巻とロックの「正しさ」の在り処の話 - それはロックじゃない
ロックに足りないのは「振り切れていない事」と、「その利己性が他者へばれないようにする配慮が足りない事」なんじゃないでしょうか。それが揃った時、ロックはバラライカの言う「いい悪党」になれるのかもしれません。
奴は、マスケットで俺たちを狩りに来た!「BLACK LAGOON」9巻 | フラン☆Skin
 「ブラック・ラグーン」9巻/広江礼威 - イチニクス遊覧日記
錬金場 ブラック・ラグーン9巻 新規20P以上を追加し、3年に渡ったロベルタリベンジ編ついに完結
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

取り上げた漫画
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
電子書籍 コミック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。